top of page
検索

待ち望んだ2年半

パンデミックなんて言葉をまだ知らない今年のはじめ、個展開催が決まった。

前回からの2年半は、制作が充実し、作品が溜まっていた。

18回目、僕自身が待ちに待った個展だった。

とはいえ、準備段階の4月、5月は緊急事態宣言の最中。

開催すべきか否か、日々の情勢を注視しながら、中止を想定をしながら、開催を前提に準備を進めてきた。

今回の来廊者数減は必至。

でも。こんな時だからこそ、現状を受け容れて、前向きに出来る限りを尽くした。

そのひとつが、オンラインの活用。

でもね、やっぱり、作り込んだギャラリー空間で、目の当たりに体感して貰いたい。

画像越しと実物では、エネルギーの質が余りに違うから。

これはエゴでしかなくて申し訳ないけれど、オンラインでは伝わりきらないと思うのは、今回の作品への自信の表れかもしれない。

とはいえ心身共に健康第一ですから、ご無理なきようお願いたします!


最新記事

すべて表示

美術鑑賞が言語野頼りになると、思考は明確な答えを早急に出したがるので、のろまな感覚を置き去りにします。 言語による論理的回答を求めたくなる気持ちはよく分かります。 ですが、それは美術鑑賞の面白さを半減どころか、殆ど失っている様に感じます。 美術鑑賞って、魅力や解釈を独自に探し出す事が面白いんですよね。 どうやって描いてるかを想像するだけでも楽しいし、視点は無限にあります。 これって自己と対峙するい

bottom of page